日本木酢液協会は木酢液・竹酢液の有効利用と関連業界の発展を図ることを目的とした団体です。

木酢液・竹酢液Q&A

  • HOME »
  • 木酢液・竹酢液Q&A
1.木酢液・竹酢液とは何ですか?
木材や竹等の植物原料を炭化して木炭や竹炭を製造する際に発生する煙の成分を冷却して得られた燻臭のする水溶液です。植物原料が木材の場合、木酢液と言い、竹の場合、竹酢液といいます。成分は、水分が約90%で、残りの約10%が有機化合物です。有機化合物約10%のうち5%が酢酸(食酢の成分)で、残りの5%にフェノール類、アルコール類等の約200種類の成分が含まれます。
2.木酢液・竹酢液にはどんな効果があり、どのようにして使用するのですか?

木酢液・竹酢液の用途は広く、主に農産物を生産するため土壌改良資材や植物活性剤等として利用されており、有機農産物の日本農林規格における「肥料及び土壌改良資材」として認められています。又、堆肥の発酵促進剤、ゴミ処理用消臭剤、野良猫等の忌避剤、食品保存のための燻製用、家畜・養殖魚の飼料への添加、その他化粧品等、いろいろな分野で利用されています。

主な用途をまとめると下記の通りとなります。

1 農業への利用

農業への利用方法については、公的試験機関、又は農家等で具体的に実施された事例として、以下の方法があります。

1)イネ苗のいもち病発生を防止する1)

イネ種子を木酢液又は竹酢液の50倍希釈液に24時間浸漬し、さらに200倍希釈液を育苗箱(60×30cm)1箱当り500mlを潅水代わりに育苗期間中イネに十分にかかるようにジョウロで散布する。

2)土壌の消毒に用いる,,4)

作物を植える前に20~30倍ぐらいの高濃度希釈液を1㎡当り5~6ℓを土壌表面に散布、又は潅注する。散布・潅注後7~10日ごろに植え付けする。木酢液、竹酢液が高濃度のため殺菌作用を有し、7日ぐらいで木酢液、竹酢液は土の中で分解されますので、定植が可能となります。

3)土壌中の有用微生物の増殖を促す,6)

200~400倍希釈液を土壌表面に散布する。有用微生物が増殖することにより、結果的に病原菌が減少し、作物が丈夫に生育する。米ぬか、腐葉土等の有機質肥料を施肥した後に木酢液、竹酢液を散布すると、有用微生物の増殖がさらに促される。

4)植物の芽及び根の成長を促進する,,9)

木酢液、竹酢液は、低濃度で作物やシバに施用すると芽や根の成長が促される。例えば、芝の場合、1a当り0.5~1ℓを50ℓに水で希釈し、毎月1回処理すると、地上部及び根部の成長が促進する。

5)土壌中のミネラルの作物への吸収を助長する10

木酢液、竹酢液に含有する酢酸やプロピオン酸類の有機酸が土壌中のミネラルをキレート化し、作物へ吸収しやすくする。

6)他の天然有効成分の抽出に用いる11

ニンニク(発芽促進等)、トウガラシ(ダニ被害等の防止)、魚腸(チッソ肥効の向上)等の有効成分を抽出し、相乗効果を発揮する。抽出液を通常300~500倍に希釈して散布する。

7)木炭、竹炭といっしょに使用する12

木炭又は竹炭に木酢液、竹酢液を5~10%混合し、土壌に散布し混合する。木酢液、竹酢液の有機酸により木炭・竹炭のアルカリ性が中和され、有用微生物のすみかとなる炭の働きが向上する。

8)農薬に混ぜて使用する13

木酢液、竹酢液を400~1000倍希釈になるよう農薬に混ぜて葉面散布すると、葉への農薬の吸収がよくなる。これは、木酢液、竹酢液の油成分による展着剤的効果が考えられる。又、農薬の多くは酸性溶液に溶けやすいので、木酢液、竹酢液を混合すると葉への吸収が高まると思われる。

  9) 堆肥つくりへ活用する14

木酢液、竹酢液には堆肥の腐熟促進効果があり、特に豚糞や牛糞などを堆肥化するには最高だ。発酵が早く、夏は、4日ぐらいで80度の温度になる。高温になるのが早いので、切り返しも早め早めに行い、また、堆肥が乾きやすいので切り返し時などに水分の補給につとめる。木酢液、竹酢液は、堆肥つくりに使う水に混ぜて使い、濃度は100倍ぐらいが好ましい。濃度が濃すぎると殺菌力が強くてよくない。

引用文献、参考文献

 1) 木竹酢液認証協議会の試験データ
 2) 林業試験場研究報告、96号、105(1957)
 3) 日本植物病理学会報、26(3)、90(1961)
 4) 農業及園芸、36(10)、65(1961)
 5) 現代農業 4月号(2003) P92
 6) 日林誌、42(2)、52(1960)
 7) 農業および園芸、70(7)、66(1995)
 8) 農業および園芸、70(8)、57(1995)
 9) 芝草研究、26(2)、21(1998)
 10) 現代農業 4月号(2003) P71
 11) 現代農業 4月号(2003) P77
 12) 現代農業 4月号(2003) P75
 13) 現代農業 4月号(2003) P74
 14) 木酢・炭で減農薬 岸本定吉監修 農文協編 P62

2 その他の利用について

1)消臭剤として活用する。

木酢液、竹酢液は、含有する有機酸類や消臭成分による中和作用と液独特の燻香によるマスキング作用の相乗効果によって消臭剤として優れた消臭効果をあらわします。特にゴミ集積場、下水、トイレ、家庭の残飯ゴミ箱、畜舎等の悪臭駆除には最適です。使用方法は、希釈した30~100倍液を1㎡当り100~300mℓをジョウロや噴霧器を使って散布する。又、屋内の厨房、床面、排水口、生ゴミやペットおよびペット用具等に50~200倍液を噴霧器にて噴霧するか、雑巾に浸して拭く方法が効果的です。

引用文献

 環境を守る 炭と木酢液  炭焼きの会編 家の光協会発行 P182

2)畜産へ活用する。

木酢液の家畜への利用目的は

a 環境改善
木酢液は消臭剤として一般に認知されていなすが、畜産においても家畜糞尿の臭いをとるのに効果的です。その使用方法は悪臭発生源に直接噴霧する方法と飼料や飲水に希釈して食べさせる方法があります。

b 体質改善
人間においてもお酢の効用はよく言われていますが、家畜にとっても同じ効果が望めます。木酢液は字のごとく木から作ったお酢ですので、主成分の有機酸がTCAサイクルを活用させ、不必要な脂肪や老廃物である乳酸が発生しにくい弱アルカリ性の体質にします。このことにより、家畜は健康に一生を過ごすことが出来ます。又、木酢液が腸内細菌のバランスを整えることにより呼吸を良くし、生産性が向上します。

3.木酢液・竹酢液はどのようにしてつくるのですか?
コナラ、クヌギ、カシ等の広葉樹や孟宗竹のような竹を土窯等で炭化し、排煙口から出てくる煙を長い煙突に通して冷却すると木酢液や竹酢液が得られます。広葉樹を原料にした場合の生産工程の概要例を示します。広葉樹の原料1000Kgから約200~250Kgの木酢液が得られます。

 

4.木酢液・竹酢液の安全性は大丈夫でしょうか?

木酢液・竹酢液を製造する際に重要なことは、次の4点で、これらを遵守すれば安全な製品を製造することができます。

a 原材料として、塗料や接着剤、又は殺虫・殺菌剤等が入っている可能性がある建築廃材、及び燻蒸された木材等を使用しないこと。 
b 窯の中の排煙口の温度が80~150℃であること。
c 製造設備、容器等は耐酸性であること。
d 採取後、冷暗所で貯蔵容器に90日以上静置し、下層のタール分、上層の油分を除去し、中層のみを製品とすること

5.木酢液・竹酢液にベンツピレン類が含まれる可能性はないでしょうか?

木酢液・竹酢液を製造する際に排煙口の温度が200℃付近の高温になりますと、ベンツピレン類が発生する可能性が高くなります。しかしながら、排煙口の温度を150℃以下に設定することにより、発生を抑えることが出来ます。又、温度設定の手違い等でベンツピレン類が発生しても、90日以上静置し、下層のタール分、上層の油分を除去することにより、簡単に除去することができます。

6.木酢液・竹酢液にホルムアルデヒドが含まれているそうですが、どのぐらいの量でしょうか? 又、安全性は大丈夫でしょうか?

木酢液・竹酢液にはホルムアルデヒドが含まれています。木竹酢液認証協議会で認証された市販品の木酢液・竹酢液30品を分析した結果、平均が275ppm(0.0275%)で、最高値が602ppm(0.0602%)でした。

又、農業での使用に際しては、300~800倍に希釈して散布しますが、実際に、110ppmのホルムアルデヒドを含む市販の木酢液の200倍水溶液を、200cc/1㎡ビニールハウスで散布し、気中でのホルムアルデヒドの濃度を測定した結果、全く検知されませんでした。

尚、食品のキノコや魚の中には、ホルムアルデヒドが100~200ppm含まれるものがありますが、食品衛生調査会で審議した結果、「その程度では人の健康を害う恐れはない。」としております。原材料、製造方法、貯蔵方法等、木竹酢液認証協議会の認証制度の規格に沿って製造された製品あれば安心して使用できます。

7.木竹酢液認証協議会の認証制度について教えてください。

いろいろ有効利用されてきた木酢液、竹酢液は、多くの生産業者が小規模で、原材料や製造方法等が少しずつ異なるため、品質等にバラツキがありました。このため、業界6団体は品質の安定した木酢液、竹酢液を提供すべく、長年にわたり規格、認証制度等について検討してきました。

その結果、平成15年12月に「木竹酢液認証協議会」を設け、平成17年2月に「木竹酢液認証制度」の運用を開始しました。本制度の適用範囲は農業用資材(消臭剤、小動物用忌避剤を含む)としての用途に限られており、その目的は、「木酢液、竹酢液の規格」の認知・利用等を促進することにより、品質を向上させ、生産・流通の安定化を図り、消費者の信頼を得るとともに木酢液、竹酢液の需要拡大を図ることにあります。

本認証制度は、現地調査員により、公的機関による製品の分析値、原材料、製造方法、装置・容器の材質等について調査が実施され、その報告とサンプルの提供を受け、認証審査委員会が開催され、その適合性が判断されます。

運用の開始後、平成23年4月現在認証審査委員会が計14回開催され、審査の結果、80名の申請者が認証業者として認められ、認証された製品区分(木酢液、蒸留木酢液、竹酢液、蒸留竹酢液)は101件となりました。本認証制度は、毎年1回品質監視を実施し、認証業者の認証後の製造体制、品質管理等について審査します。

又、木竹酢液認証協議会は、日本木酢液協会を含め、関連の業界6団体で構成されておりますが、日本木酢液協会は中核となって認証制度の実務に関わり、制度の充実を図っております。

本認証制度の「認証申請の手順」、「認証システム」、「認証業者一覧表」、「協議会組織」等の詳細な内容につきましては、木竹酢液認証協議会のホームページ(http://www.mokutikusaku.net/)で閲覧できますのでご参照ください。

8.木酢液・竹酢液は土壌改良資材として販売してもいいのですか?

木酢液、竹酢液の有機農業への利用については、有機農産物の日本農林規格(平成12年1月20日農林水産省告示第59号)における「肥料及び土壌改良資材」として認められております。

木酢液・竹酢液は、「その他の肥料及び土壌改良資材」の中に含まれており、具体的には、—天然物質又は化学的処理を行っていない天然物質に由来するもの(燃焼、焼成、溶融、乾留又はけんかすることにより製造されたもの並びに化学的な方法によらずに製造されたものであって、—)—として記載されております。

有機農家が自分の商品にJASマークを使用したい場合、自分の商品について、国に登録された認定機関の審査を受け、有機認定事業者として指定してもらう必要があり、その時の使用する農業資材の1つに木酢液、竹酢液が認められるということです。

9.農薬取締法と特定防除資材の位置づけについて教えてください。又、木酢液・竹酢液の特定防除資材への指定はどうなっておりますか。

平成14年12月11日に農薬取締法が改正され公布されました。「特定防除資材の指定」というのは、改正農薬取締法で無登録農薬の製造や使用を禁止したため、安全性が明らかなものまで農薬登録を義務付ける過剰規制を回避するためにつくった制度であり、特定防除資材とは、「その原材料に照らし農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼすおそれがないことが明らかなものとして農林水産大臣及び環境大臣が指定する農薬」(農薬取締法第2条第1項)と規定されております。

現在、指定されているものは、①重曹、②食酢、③使用場所と同一の都道府県内で採取された天敵の3品目のみで、木酢液、竹酢液については、平成23年4月現在、薬効と安全性の追加データを求められており、継続審議中となっております。

現時点では、木酢液、竹酢液は特定防除資材としてまだ指定されていないため、効能を謳って販売することはできません。但し、使用者が自己の責任において使用するのは差し支えありません。尚、特定防除資材への指定については、指定に向けて、産官学一体となり、薬効と安全性のデータを集積し、ならびに評価を行っている段階であります。

10.公園砂場のネコ避けに木酢液が使用できますか?

効果はあると思いますが、子供への安全性を勘案し、蒸留品を使用し、50倍ぐらいで試しにやってみて、使用濃度を決定してください。

11.かやぶき小屋の煙によるかやぶきの燻しの代替に木酢液の利用は可能でしょうか?

煙と木酢液の成分は、基本的に同じなのでかやぶきに噴霧する方法で効能があると思われますが、事例がありませんので試しにやってみてください。

12.池の藻の防除に木酢液がしようできますか?

藻の防除に木酢液は有効でありますが、濃度が濃すぎると魚に影響するので、試験的に濃度を変えてやってみてください。

13.数年経過した古い木酢液が園芸用に利用できますか?

土壌改良資材として使うには問題ありません。木酢液の原液を土壌中潅注してもで10日ぐらいで分解しますので、その後に作物の植え付けが可能です。

14.木酢液のタールをアスファルト用に使いたいが、入手先を教えてください。

木竹酢液認証協議会のホームページに認証業者の一覧表がありますから、そこを参考にしてください。

15.園芸用の木酢液が欲しい、入手先を教えてください。

1~2ℓであれば、ホームセンターで入手可能です。希釈品を安価で売っているホームセンターがあります。原液か希釈品か確認して買われてください。

16.認証マークが貼られた木酢液(赤褐色、透明)をお風呂用に使用したいのですが、製造年月日は問題ありませんか?

沈殿さえなければ、特に問題ありませんが、お風呂用は蒸留品が好ましいと思います。又、認証マークを貼るのは、農業用のみにしか許可されていませんのでご注意下さい。

17.木酢液のマーケット規模はどのぐらいでしょうか? 風呂、水虫用等への展開を考えております。

木酢液・竹酢液の国内の生産規模は、平成22年で年約3,000トンぐらいで、7~8割が農業用,畜産用です。風呂、水虫用等、効能を謳って販売する場合は、医薬部外品等の登録が必要になると思います。

18.木酢液の糖尿病への効能について教えてください。

当協議会には、木酢液の糖尿病への効能に関するテータはありませんのでお答えできません。

19.北海道十勝管内の木酢液の製造に関し、冬季の凍結の問題がありますが、認証基準で規格がありますか?

当協議会には、凍結に関する情報はなく、基準もありません。

20.木酢液と竹酢液の成分に違いがありますか。又、竹酢液の蒸留品をお風呂用に販売しているが、問題ありませんか?

木酢液と竹酢液の成分に特に差はありません。お風呂用には安全性から蒸留品を使用するのが好ましい。

21.木材の防腐に木酢液が使えますでしょうか?

木酢液に漬けて浸透させる方法で可能性ありますが、圧力をかけてやると効果が期待できます。

22.水田のカメムシ防除に木酢液の使用方法を教えてください。

木酢液はカメムシに忌避効果がありますが、蒸発するため、野外での使用は一時的な効果しかありません。使用するのであれば、畦に50~100倍で散布し、イネには薬害を考慮に入れ、300~400倍で散布してください。

23.バラの栽培で木酢液を使用したいのですが購入先を教えてください。

木竹酢液認証協議会のホームページに認証業者の一覧表がありますから、そこを参考にしてください。数量が少ないようでしたら、ホームセンターでの購入も可能です。

24.木酢液、竹酢液の効能表示について教えてください。

木酢液、竹酢液は平成23年4月時点では、まだ特定防除資材に指定されておりませんので、抗菌、殺菌、殺虫等の効能を表示して販売することは出来ません。但し、使用する人が自己責任で使用するのは許可されております。

25.中国で木酢液を生産しており、木竹酢液認証協議会の認証制度に申請が可能でしょうか?

国外の製品につきましては、現時点では申請を受け付けておりません。

26.日本で人口木酢液が販売されていると聞きましたが、実際はどうでしょうか?

人口の木酢液が販売されているとは聞いたことがありません。又、木酢液は、約200種類の多成分から構成されており、これを人工的に製造することは不可能と思われます。

27.鉄製品の洗浄に木酢液を検討しております。木酢液の入手先を教えてください。

木竹酢液認証協議会のホームページに認証業者の一覧表がありますから、そこを参考にしてください。量的に1~2ℓでしたらで、ホームセンターでの購入をお勧めします。

28.木酢液の廃棄方法を教えてください。

木酢液は土壌中で10日ぐらいで分解するので、10Kgぐらいまでなら植物の根に触れない場所の土壌に埋めることをお勧めします。

29.木酢液の鳥に対する忌避効果はありますか?

群馬でムクドリの追放に木酢液を検討しているようですが、何か他の成分を添加しているようです。

30.木酢液の蒸留で黄色品が得られますか。

常圧蒸留で可能でありますが、減圧の方が分解が少なく好ましいと思います。

31.木酢液の複数のメーカーの各々の製品を1つの認証番号で認証が可能でしょうか?

1製品1認証ですので、認証は出来ません。各メーカーの製品を混合して1つの製品として扱えば、認証が可能となります。

PAGETOP
Copyright © 日本木酢液協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.